スポンサーリンク

MX-30のEV テクノロジーバッジを「R-EV」に変えたらどうなるかを試してみる

マツダ全般
スポンサーリンク
- -- ---

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

2022年モデルで新たに採用されたサイドテクノロジーバッジについてです。

前回:2トーンカラーMX-30(ジルコンサンド×ブラック)のプレス画像が登場しました

前回、マツダUKが「2022 MX-30」のプレス画像を公開しているのを知りました。ジルコンサンド×ブラックの2トーンカラーなど、MX-30の新たな一面を確認することが出来ましたねぇ。

さらに2022 MX-30ではサイドに「テクノロジーバッジ」というものが追加されています。欧州仕様は電気自動車のみですので「EV」バッジが付いているんですが、間もなく発表されるという「R-EV」の場合はどうなるかを試してみました。

編集前元画像:Mazda UK

雑な編集ですが、イメージを掴めればOKです。
こんな感じになるのでしょうか?R-EVのイメージカラーについては、以前商標申請されたエンブレムと同じ「オレンジ」にしてみました。
マツダが「e-SKYACTIV R–EV」「e-SKYACTIV R-HEV」「e-SKYACTIV R-Energy」などの商標登録を取得

こちらはEV車ですが、日本では「HEV」が投入されるという噂です。
「MX-30 e-SKYACTIV R」は12月頃に登場予定らしい

R-HEVの場合はどうなるのでしょうか?
Hが追加されるだけかもしれませんが、個人的にとても気になっています。

あのエンブレムもどこに装備されるのか。
色々と分からないことだらけなのでワクワクしますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました