スポンサーリンク

【新世代マツダコネクト】センターディスプレイの形状の違いについて

マツダコネクト

マツダの新世代商品に搭載されている「新世代マツダコネクト」
今回は、センターディスプレイの形状についてです。

現在、判明しているマツダの新世代商品は以下の通り。

  • MAZDA3
  • CX-30
  • MX-30

上記の3モデルが存在します。
全てに新世代マツダコネクトが搭載されていますが、地味にセンターディスプレイの形状が異なっているんですよね。

まずは「MAZDA3」のセンターディスプレイです。

画像引用元:『MAZDA3 展示イベント in 二子玉川』が開催中なので見学へ。 : K-BLOG

平行四辺形のような形状をしていますねぇ。
続いて、「CX-30」のセンターディスプレイです。

画像引用元:東京ミッドタウン デザインタッチ2019「CX-30展示イベント」を見学してきました。 : K-BLOG

「CX-30」も、平行四辺形のような形状をしています。
「MAZDA3」と同じディスプレイですね。

続いて「MX-30」のセンターディスプレイです。

画像引用元:2020 Mazda MX-30 – Exterior Interior Walkaround – Debut 2020 Brussels Motor Show – YouTube

MX-30は台形のような形状をしていました。
MAZDA3/CX-30と同じ8.8インチですが、こちらは初代マツダコネクトと似たような形状をしていますねぇ。

同じ新世代商品群でも微妙に違いがあるようです。
台形型は「MX」シリーズに採用されるのか。
それとも、特に決まりは存在しないのか。
ここら辺が気になっています。
どうでもいい話ですが、個人的には「MX-30」の方が気に入っています。

今後の新世代商品群の発表が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました