スポンサーリンク

「MX-30」のMXは『MAZDA EXPERIMENT』&走行音について

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」
今回は、「MXの意味」と「走行音」についてです。

情報元は、マツダドイツのYouTube動画です。
まずはこちらをご覧ください。

マツダドイツお馴染みのYoutube動画「#FRAGMAZDA」です。
この企画では、カスタマイズカーを作成したりと色々なことをしていますが、今回はマツダ初の量産EV「MX-30」特集を行っていました。
動画では、マツダEUの社員さんが質問に答えています。
動画はドイツ語なので、何を言ってるのかはわかりません。
ただ、MX-30について色々と質問していますねぇ。
内容が気になります。

そんな中でも、唯一わかる部分がありました。
それが「MX-30」の名前についてです。

画像引用元:#FragMazda Folge 13 – Mazda MX-30: Mazdas erstes Elektrofahrzeug – YouTube

MXというのは「MAZDA EXPERIMENT」を意味するそうです。
EXPERIMENT(実験)という単語のXを指していたんですねぇ。元々、意味合いは知っていましたが、単語の略は知りませんでした。
勉強になります。

もう一つ気になったのは、MX-30の「走行音」です。
動画終盤では、EVプロトタイプで走行している場面があります。その18:10頃に発進の走行音を聴くことが出来ました。電気自動車の音のような、それでいてエンジン車のような力強い音が聞こえて気いるのがわかります。
これ、なかなか面白いですねぇ。
ただ、静かにモーター音が鳴るのではなく、「車が走る音」を表現しています。
ここら辺に拘るのは流石、マツダですねぇ。

以上です。
まだまだ謎の多い「MX-30」
これからどんな新しい発見がみつかるか楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました