スポンサーリンク

CX-60 PHEVには「直6+PHEV」の組み合わせも検討されていたがコストが高い

マツダ全般
スポンサーリンク
- -- ---

マツダの新世代ラージ商品第1弾「CX-60」

PHEVでは「直6エンジン+PHEV」も検討されていたそうです。

情報元:A Mazda CX-60 MPS is possible… at a price

情報元は「WHICH CAR?」です。
こちらでは、マツダのCX-60のプログラムマネージャーである柴田氏が以下のような発言をしていました。

  • PHEVは4気筒2.5Lエンジンとの組み合わせがベストマッチ
  • 直6エンジンと組み合わせることも考えたが、当然コストが高くなる
  • 直6+PHEVという非常にハイスペックな組み合わせは興奮するが、価格の観点から多くの顧客が購入できない

マツダはPHEVモデルに「直6」も考えていたんですね。
ただ「コスト」がかかるようで、流石に実際に投入することはできなかったみたいです。個人的にはどれくらいの価格帯になるのか気になるところですが、700万とか行くんですかね?

しかし、CX-60が熟成されていけば、直6+PHEVという組み合わせが登場する可能性もありそうですので、ちょっと期待したいですねぇ。