スポンサーリンク

2020 MX-5(ドイツ仕様)を色々と見てみる(ポリメタルグレーとブラウントップの組合せなど)

マツダ関連

マツダの人気オープンカー「MX-5(日本名:ロードスター)」

ドイツで2020年モデルの詳細が公開されました。

情報元:Mazda MX-5 2020 mit neuer Angebotsstruktur

情報元は、マツダドイツのニュースリリースです。
こちらには、2020年モデルのMX-5の詳細が掲載されています。
ドイツではトリムレベルが「MX-5/MX-5 RF」と「MX-5/MX-5 RF Selection」の合計4種類用意されており、エンジンは「SKYACTIV-G 1.5」「SKYACTIV-G 2.0」の2種類がラインナップされています。
最近のマツダは「Selection」という言葉を多用していますねぇ。

2020年モデルのカタログも公開されていいます。
そちらには、新外装色「ポリメタルグレー」なども追加されていました。

画像引用元:Broschüre herunterladen

ドイツでは「Design-Paket」というパッケージと「ポリメタルグレー」を同時選択できないそうです。この「Design-Paket」には茶色の帆、RFでは黒いハードトップが標準装備されているのですが、それぞれ、ポリメタルグレーと組み合わせはできないんですねぇ。
茶色の帆とポリメタルグレーというのは、一度現物を見てみたいです。

以上です。
海外のロードスターは様々な色の組合せがありますね。
日本では特別仕様車として扱われています。
マツダも国によって色々と考えて販売しているようです。

タイトルとURLをコピーしました