スポンサーリンク

「VISION COUPE」の後部座席のパネルと「MX-30」のエアコン操作パネルの関係性について

マツダ関連

マツダの新世代商品代3弾「MX-30」

様々な新世代な機能が搭載されています。
今回は、ちょっとした個人的に思ったことを適当に書いてみたいと思います。

マツダのコンセプトカー「VISION COUPE」
新世代の象徴といえるコンセプトカーですね。
個人的には、特に「ラージ群」のコンセプトモデルなのではと思ったりしています。そんな「VISION COUPE」を久々にいろいろな写真を調べていると、ちょっと気になった部分がありました。
それは「後部座席のパネル」です。

画像引用元:马自达VISION COUPE内饰图片_马自达VISION COUPE图片大全(高清)_太平洋汽车网

「VISION COUPE」の後部座席中央部には、小さなディスプレイらしきものが存在します。このディスプレイがどのような役割を果たすのかは不明です。ただ、こういったのは、シートヒーターやエアコンの操作パネルという可能性があります。
そうなってくると、思い出すのが「MX-30」です。
こちらにも、マツダ車に初搭載された「エアコンの操作タッチパネル」が存在しています。

画像:MAZDA

大きさは全く違いますが、機能的には同じような働きをしそうな予感がします。後部座席のは機能が制限されるので、小さくても問題なさそうですし。
そこで、これは完全なる個人的な妄想ですが、「MX-30」のこの機能はラージ群に採用される機能の先駆けなのではないか?と思ったりしてしまいました。マツダは「MX」と名のつくモデルには、先進技術を惜しげもなく使用してくる傾向があるので、この「タッチパネル」もMX-30で試験的に導入しているのかもしれません。
ただの個人的妄想ですが、そう考えると少しワクワクしてきます。

投入が延期されてしまった「ラージ群」
しかし、こうした機能が搭載されていくとなると、相当な高級志向なモデルになることが予想されますので、かなり期待が高まります。
実際にどうなるかはわかりませんが、発表が楽しみになってきました。

タイトルとURLをコピーしました