スポンサーリンク

マツダが語る「ポリメタルグレー」の魅力とターゲット層について

マツダ関連

マツダの新世代商品から採用された「ポリメタルグレーメタリック」

その魅力とターゲット層について、マツダデザイン本部の方が語っています。

情報元:「塩ビ管の色」を車に…?マツダの色はなぜ印象的なのか|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

情報元は「ニュースイッチ」です。
こちらには、マツダデザイン本部の岡本氏がインタビューを受けています。
その内容は以下の通り。

  • マツダは2012年から「赤」を中心としてデザイン戦略をした
  • 統一感を持たせて群としてのアピールをすべく、全車種共通のカラーランナップに変更
  • その象徴として「ソウルレッドメタリック」
  • 2016年にはおなじプレミアムカラーシリーズ「マシーングレーメタリック」
  • 一方で「ポリメタルグレー」は低コスト短期開発で通常色という立ち位置
  • 「ポリメタルグレー」は高価値でないものに新たな価値を見出すような挑戦的な色合い
  • MAZDA3 FASTBACKは「40代男性」をターゲット
  • CX-30では「若いファミリー層」
  • マツダの購入者の54%が「色を重視する」

ポリメタルグレーについて色々と書かれています。
マツダ車を購入する人の約半分が「色」を重視するんですねぇ。
これは驚きです。
ポリメタルグレーは確かに新しい挑戦的な色合いです。
万人受けするわけではありませんが、ハマれば非常に面白いことになりそうです。

タイトルとURLをコピーしました