スポンサーリンク

CX-30の「スマートカーゴシステム」の画像が公開されました。

マツダ関連

マツダの新世代商品第2弾「CX-30」

2020年モデルに搭載される新荷室構造「SMART CARGO SYSTEM」の画像が公開されていました。

情報元:Mazda – Drive Together | Oficjalna strona Mazda Motor Polska

情報元は、マツダポーランド公式ページです。
こちらのコンフィグレーターにて、CX-30のアクセサリ欄に「SMART CARGO SYSTEM」が追加されています。

とても興味深いので、一覧にしてみました。

編集前画像引用元:Konfigurator samochodu | Mazda PL

スマートカーゴボードを敷いた状態で後部座席を倒すと、通常よりも段差のない感じになっていますねぇ。これは地味に良いかもしれません。

そして、上部のボードを取り外すこともできます。
立てかけておくこともできるみたいですね。
ただ気になるのは、ボード下は微妙に坂になっているように見えます。

そして、ボード下に「トノカバー」を収納できるみたいように見えます。
(画像の上から2段目右)
これも地味に便利そうですね。
トノカバー使わないという方には、良い収納スペースだと思います。

さらにその収納スペース下は、「BOSE」の有無によって構造が少し違いがあります。それでも結果的には全体的な構造は変わらないというのはすごいですねぇ。

価格は以下の通り。

BOSE無:1,685.62 PLN(43,628円)
BOSE有:1,913.24 PLM(49,519円)
※2020年04/18現在の為替

なかなかなお値段しますねぇ。
ただ、ポーランドの場合は「アクセサリ」として分類されていますので、後付けが出来そうなのが良いですねぇ。

他国では「メーカーオプション」扱いになったりしているので、そこら辺の違いが大変気になるところです。

日本ではいつ頃導入されるのでしょうか?
これは楽しみになってきました。

タイトルとURLをコピーしました