スポンサーリンク

マツダの女性エンジニアを目指す方のためのパンフレット「℃(セッシ)」

マツダ関連

マツダの内情を学ぶシリーズです。

今回は、女性エンジニアを目指す方のパンフレットについてです。

前回:マツダの「独身寮」について学ぶ

マツダの採用情報ページは、非常に見ごたえのある内容となっています。
大きな企業って羨ましいなぁと思ったりしますねぇ。

さて、今回はパンフレット「℃(セッシ)」についてです。
こちらはマツダの新卒採用ページに掲載されていました。
ライブラリー

この「℃(セッシ)」は、女性エンジニアによる業務紹介や広島での暮らし、各専攻と業務とマトリクスなどを掲載しているパンフレットだそうです。

画像引用元:180220b_mazda

この「℃」では、車両開発からパワートレイン開発、品質保証、プラント技術などの様々な技術系の職種で活躍する女性エンジニアのインタビューが掲載されています。とても読み応えのある内容で、マツダで活躍する女性エンジニアの存在感が伝わってきますねぇ。

個人的に一番興味を持ったのが「職種マトリクス」です。

画像引用元:180220b_mazda

各業務に必要な専攻科目を表にしてくれています。
当たり前でありますが、機械、電気/電子などの物理&情報系が圧倒的に必要ということがよくわかりますねぇ。マツダに入りたいという方は上記の専攻を選ぶようにしたいところでありますが、「デザイン」部門に関してはまた違う専門性が必要なので注意ですね。

最近のマツダは「デザイン」の採用倍率は非常に高そうです。
実際のところどうなのか気になるところですねぇ。

他にも、トップエンジニアインタビューではマツダ初の女性主査である竹内都美子氏が掲載されています。

【MAZDA】トップエンジニアインタビュー|新卒採用情報

こうして性別などが関係なく活躍できる環境は素晴らしですねぇ。
私も昔働いていた会社でこの問題で非常に苦労した経験があります。
思いの外、この問題って根深かったりするものですから。

以上です。
こうしてマツダの採用ページをみていると、様々な取り組みをしており、マツダ自身が変わろうと努力しているんだなぁと感じました。どんな会社でも変わっていかなければいけません。

大きな企業から学ぶことは多いですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました