スポンサーリンク

マツダ中国、2020年5月の販売台数を発表、前年同月比31.6%増で好調。

マツダ関連

2020年6月3日、中国マツダが5月の新車販売台数を発表しました。

前年同月比で31.6%増の22,886台という結果となりました。

情報元:新闻中心 | 马自达2020年5月中国市场销量2.3万台-马自达中国

情報元は、中国マツダのニュースリリースです。
こちらに2020年5月のマツダブランドの販売実績が公開されています。

2020年5月の販売台数は、22,886台
▼一汽マツダ
10,280台
▼長安マツダ
12,606台

2020年1月~4月の販売台数は、76,328台
▼一汽マツダ
31,457台
▼長安マツダ
44,871台

[主要モデルの2020年販売台数内訳(単位:台)]

モデル名 1月 2月 3月 4月 5月 2020年1月~5月
MAZDA6 ATENZA 3,699 660 2,582 3,095 4,021 14,057
CX-4 3,840 593 2,732 3,976 6,259 17,400
MAZDA3 AXELA 10,698 959 5,669 6,844 8,545 32,715
CX-5 2,648 212 1,927 3,113 3,682 11,582

2020年5月の新車販売台数は前年同月比31.6%増となりました。
4月に回復、5月になってからその勢いを維持したままという感じでかなり好調のようですねぇ。この結果を見ると、例のウイルスがなければかなり売り上げはよかったのではないかと思ってしまいます。ないものねだりはよくありませんが、そう考えるとマツダの戦略は間違っていなかったのかもしれません。

中国では市場を刺激する政策などが行われている層そうで、今後も順調な回復が見込まれそうです。

タイトルとURLをコピーしました