スポンサーリンク

2021 MAZDA3(北米仕様)に「ターボモデル」が追加予定、CX-5などには「Carbon Edition」登場予定

マツダ関連

マツダの新世代商品第1弾「MAZDA3」

ついにターボチャージャー付エンジンが搭載されるようです。

情報元:The 2021 Mazda 3 Will Finally Get A Turbo

情報元は「JALOPNIK」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • マツダのディーラーシステムには「2021 MAZDA3 SEDAN & Hatchback」にターボトリムが用意されている(AWDのみ)
  • リストには「MAZDA3 HB PP TURBO」と記載されている
  • PPについては詳細不明
  • ただし、全てのターボモデルは「6A」
  • 「6A」とはATを表しているので、MTモデルは存在しない?
  • 他には、アニバーサリーエディションが登場する
  • MAZDA3 アニバーサリーエディションにもターボモデル(赤レザー内装)が設定されており、CX-5も同様の設定あり
  • CX-5, CX-9, MAZDA6に「Carbon Edition」が登場する予定

かなり色々な情報が掲載されています。
どうやら北米の2021年モデルにて、MAZDA3にターボモデルが登場するようですねぇ。現在、北米では「SKYACTIV-G 2.0」と「SKYACTIV-G 2.5」が投入されていますが、これでターボモデルが追加となれば「SKYACTIV-G 2.5T」が最有力となりそうです。

元々、北米ではSKYACTIV-Xの投入が遅れることから「SKYACTIV-G 2.5T」がその代役を担っており、登場することは前々から示唆されていました。これで登場が確実となったことで、さらなるマツダの販売増につながりそうですねぇ。

また、「アニバーサリーエディション(100周年特別記念車)」や「カーボンエディション」などが登場するなど、2020年はかなり賑やかになりそうです。

楽しみになってきましたねぇ。

タイトルとURLをコピーしました