スポンサーリンク

オーストラリアでの「100周年特別記念車」は700台限定で販売予定

マツダ関連

2020年、マツダは創立100周年を迎えました。

オーストラリアでも、100周年特別記念車についての詳細が報じられています。

情報元:New Mazda 100th Anniversary Special Edition pricing and specs detailed: $1500 jump for unique Mazda 3, CX-5, MX-5 models – Car News | CarsGuide

情報元は「CarsGuide」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • マツダオーストラリアは、100周年特別記念車を700台のみが現地で販売する
  • CX-5の他にも、CX-9、CX-30、CX-3、CX-8などのSUVや乗用車などにもラインナップ
  • ただし、各モデルは数量限定(詳細は後述)
  • 仕様は日本と同じく、外板色「スノーフレイクホワイトパールマイカ」で内装には「赤レザー」などの特別装備が設定されている
  • 登場は今年後半

各モデルの数量は以下の通り。

モデル名 限定台数(単位;台)
CX-9 110
CX-8 30
CX-5 250
CX-30 100
CX-3 70
MAZDA2 20
MAZDA3 セダン:25 ハッチバック:55
MAZDA6 セダン:15 ワゴン:5
MX-5 20

海外でも詳細が出てきました。
それによると、オーストラリアでは台数限定での販売となるようです。各モデルともにかなり販売台数がばらけており、MAZDA6(ワゴン)に関しては僅か5台という設定になっていました。対して、CX-5などはかなり多めの台数となっているので、それだけSUV人気が出ていることを実感できます。

ただ気になるのは「CX-8」です。
SUVながら30台と少なく、競合する「CX-9」は110台とかなりの差がつけられていることから、両者の人気具合が垣間見ることが出来ます。

装備なども日本と同じようです。
ただ、日本では台数が限られていないところをみると、かなり優遇されていることがわかりました。

CX-9の内装写真とか気になるところですねぇ。
公式の発表が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました