スポンサーリンク

マツダポルトガル、「ハイパワー版」としてSKYACTIV-G(150HP)を投入

マツダ関連

マツダの新世代商品第1・2弾「MAZDA3&CX-30」

ポルトガルでも150HP版が登場したようです。

情報元:Mazda desenvolve versão ‘high-power’ do bloco 2.0 Skyactiv-G (150 cv)

情報元は、マツダポルトガルのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • SKYACTIV-G 2.0(150HP)を新たに投入
  • 対象は「CX-30」と「MAZDA3」
  • エンジンの構造やハードウェアの変更はなし
  • ソフトウェア更新のみ
  • 従来のSKYACTIV-G 2.0(122HP)も利用可能
  • 122HP版との価格差は1,000ユーロ
  • CX-30には「スマートカーゴシステム」を搭載

以前から欧州各国で投入されていた2.0Lガソリンエンジンの「150HP」版がポルトガルでも投入されたようです。こちらの150HP版はソフトウェア更新のみでの対応なんですねぇ。

また、CX-30に対しては「スマートカーゴシステム」が投入されました。欧州で続々と追加されていっているので、日本でも秋~冬辺りには投入されるのかもしれません。

欧州の環境規制が厳しくなる中、マツダも色々と試行錯誤しているようです。秋にはMX-30が投入されますが、どれだけ受け入れられるのか興味が湧いてきました。

タイトルとURLをコピーしました