スポンサーリンク

2021 CX-9の「ADD」はどのような表示になっているのか調べてみる

マツダ関連

マツダのフラグシップSUV「CX-9」

2021年モデルに装備されている「ADD」の表示が新世代と同じになっているのか調べてみます。

前回:2021 CX-9にMAZDA3などで採用された「先進安全機能」はどこまで搭載されているのか。

前回同様に取扱説明書を調べてみるシリーズです。

地味なことなんですが、第6世代と第7世代での「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」表示は違っているんですよね。

2021年モデルのCX-9では新世代マツダコネクトも搭載されたということで、ADDに対してもテコ入れがあったのかを調べてみました。

まずは第7世代「CX-30」の表示をおさらいです。

画像引用元:MAZDA USA

一番下にルート案内、その上に速度が表示されています。速度の左右にはTSRやクルーズコントロールが表示されており、一番上にはMRCCとレーンの認識表示という並びとなっています。

次に「2021 CX-9」です。

画像引用元:MAZDA USA

こちらは今までの第6世代と同じデザインとなっていました。一番下に速度が表示されており、その上にルート案内が表示されていますねぇ。

ということで、2021年モデルになったとしても「ADD」の表示は変更されていないようです。ただ、海外の取扱説明書ってたまに古い表示のまま記載されていたりして、実際の車両には異なるデザインのものが表示されるということは十分にあり得ます。

なので、正直な所、どうなっているのかわかりません。
はやく実車を見てみたいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました