スポンサーリンク

2021 CX-9にMAZDA3などで採用された「先進安全機能」はどこまで搭載されているのか

マツダ関連

最近話題の「2021 CX-9」

今回は、MAZDA3やCX-30の新世代商品から搭載されている先進安全装置が、2021CX-9にどれだけ搭載されたかを調べてみます。

前回:2021 CX-9に搭載される「新世代マツダコネクト」についておさらいする。

最近になって、2021年モデルのCX-9に「新世代マツダコネクト(またの名をマツダコネクト2)」が搭載されることがわかりました。

そこで気になってくるのは、他の先進安全装置がどれだけ「CX-9」にも適応されたのかということですね。

個人的に気になった先進安全機能はこちら。

  • Traffic Jam Assist (TJA)
  • Front Cross Traffic Alert(FCTA)
  • Driver Monitoring Camera

TJAとは、日本でいう「クルージング&トラフィック・サポート(CTS)」のことを指します。これらは新世代商品で搭載された新機能達ですが、2021年モデルではどうなっているのか取扱説明書をみてみました。

Traffic Jam Assist (TJA) Front Cross Traffic Alert(FCTA) Driver Monitoring Camera
MAZDA3/CX-30
2021 CX-9 × × ×

どうやら何も対応していないようです。
CX-9のセンターディスプレイには「ドライバーモニタリング」用のカメラや赤外線などは設置されていないようです。

画像引用元:MAZDA USA

この線画を見る限りは、カメラや赤外線を設置する場所はない感じですねぇ。

というわけで、2021年モデルはTJAなどの機能はないようです。ただ、今後しれっと変更される場合などもあるので、今後の情報を注視した方が良いかもしれません。

それにしても「第6世代用新世代マツダコネクト」が非常に楽しみですねぇ。早く見てみたいです。

タイトルとURLをコピーしました