スポンサーリンク

中国仕様「SKYACTIV-X」のスペックは「180Ps / 230N·m」

マツダ関連

マツダの新世代エンジン「SKYACTIV-X」

中国の成都モーターショーにてお披露目されました。

情報元:成都车展|马自达推压燃发动机,SKYACTIV-X为何强?

情報元は「星车StarAuto」です。
こちらでは、2020年成都モーターショーでのマツダブースで行われた「SKYACTIV-X」の正式発表の様子を掲載していました。

その写真の中に中国仕様のSKYACTIV-X 2.0のスペックが載っています。

圧縮比 15:1
空燃比 36.8:1
馬力 180Ps
トルク 230N·m
燃費 5.2L / 100km

日本仕様では「180Ps / 224N·m」なので、少しばかりトルクが上昇しているみたいです。

ただ、燃料などがどうなるかなどの詳細はまだまだわかりません。中国では9月から発売が開始されるようですが、果たして人気が出るのでしょうか?

マツダの新世代を象徴するエンジンだけに、中国などの重要市場で受け入れられるといいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました