スポンサーリンク

MX-30(EVモデル)が国内で一般販売されない理由について

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

日本では「マイルドハイブリッドモデル」が今秋に投入されますが、EVモデルが一般販売されない理由についてです。

情報元:EV専用車ではなかったマツダMX-30。しかも日本はリース販売。一般には買えない!? その理由とは – driver@web

情報元は「driver@web」です。
こちらには、先日発表された日本国内の「MX-30(EVモデル)についてが書かれており、その中に国内でのEVモデルが一般販売されない理由について、マツダ広報部に質問をしていました。

弊社として初の量産EVとなるため、販売店での対応など準備の時間を頂戴したいと考えております。販売方法について現時点では「リース販売」としか申し上げられず、一般のお客様への販売についても、正式にお伝えできるまでお待ちいただければと思います。

引用元:EV専用車ではなかったマツダMX-30。しかも日本はリース販売。一般には買えない!? その理由とは – driver@web

どうやら「販売店がまた準備できていない」というのが表面上の理由としては一番なのかもしれません。実際にはEV用バッテリーの調達が困難だったりと様々な理由が裏にはありそうですねぇ。

以前、私も販売店の人にMX-30の日本投入についての話を聴いていましたが、販売店の対応がまだ全然話がないということをおっしゃっていましたので、しばらく時間がかかりそうですねぇ。

マツダの販売店は新世代店舗への衣替えも行われており、またすぐに「EV充電施設の追加」をしなければならないとなると、販売店の負担はかなりのものとなってしまいそうです。

お金がかかる問題なので、結構時間がかかりそうですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました