スポンサーリンク

マツダカナダが「2021 CX-5」の紹介ページを公開、Kuro Editionには「ジェットブラック」も選択可能

マツダ関連

マツダの主力SUV「CX-5」

カナダでは2021年モデルの車種紹介ページが公開されています。

情報元:Vehicle Features | 2021 CX-5 | Mazda Canada

情報元は、マツダカナダの公式ページです。
いつのまにか2021年モデルに切り替わっていました。

個人的に気になった内容は以下の通り。

  • 8インチ初代マツダコネクトを標準搭載
  • 「ワイヤレスApple CarPlay」はGTトリムから利用可能
  • Kuro Editionではポリメタルグレーの他に「ジェットブラック」も選択可能

画像引用元:Vehicle Features | 2021 CX-5 | Mazda Canada

グレード別の詳細がわかりやすく掲載されていました。
Kuroは黒というだけに「ジェットブラック」が選択可能となっているんですね。それとこちらは「GS」トリムがベースとなっており、このモデルには「ワイヤレスApple CarPlay」が搭載されないことになるのが少し気になります。

せっかくの特別仕様車なんですが、これは「GT」ベースではないみたいです。どおりでヘッドライトなどがシグネチャーライトになっていない形だったんですねぇ。

ここら辺はカナダでのマーケティングなのでしょう。

それにしても、カナダでは新世代マツダコネクトは搭載されず「初代マツダコネクト」のみという結果に終わりました。この改良の差がどう売り上げに響くのか興味が湧いてきました。

タイトルとURLをコピーしました