スポンサーリンク

MX-30の「非MAZDAプレート車」を想像する

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

欧州で発売されるベースグレードなどの「非MAZDAプレート車」を想像してみます。

2020年9月、欧州では純粋なEVモデルの「MX-30」が発売開始されます。多くの国では、最初は「FIRST EDITION」からということになりますが、特別仕様車の他にレギュラーモデルについても事前に各国ホームページに掲載されています。

そんなレギュラーモデルのベースグレードには、個人的に気になっている特徴である「非MAZDAプレート」仕様が存在します。
Konfigurátor vozů Mazda |Mazda CZ

ほとんどのグレードには、サテンクロームメッキのプレートがDピラーに装着されているんですが、ベースグレードには装着されていない場合があります。

そのベースグレードを想像してみたいと思います。

今回はせっかくなので、存在しないツートンカラー(ソウルレッド×ブラック)にしてみました。

海外のコンフィグレーターの画像を見る限り、ベースグレードには黒色のプレートが装着されているので、それっぽくしてみました。単色の場合だと窓枠の黒との連続性のおかげか、それほど違和感はなく、これはこれでアリなような気がします。

ただ個人的に「MAZDA」プレートは、MX-30の特徴のひとつでもあると思っていたのでこれは全車標準に搭載されていると嬉しかったなんて思ったりもします。新世代フォントかっこいいですし。

まだまだ気になることが多い「MX-30」
欧州で販売が開始されるのが楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました