スポンサーリンク

中国の新世代マツダコネクトの「手書き文字入力機能」は日本でも導入されるか否か

マツダ関連

マツダの第7世代から搭載された「新世代マツダコネクト」

今回は、中国の「手書き文字入力」について個人的な妄想を書き記します。

前回:中国仕様の新世代マツダコネクトについて色々 : K-BLOG

以前、中国のマツダコネクトについて色々調べました。
日本や海外などには実装されていない機能などを見つけることが出来ました。

その中でも個人的に気になるのが「手書き文字入力」機能です。つい先日、中国のマツダ公式ページを見ていると、中国仕様のオーナーズマニュアルを閲覧することが出来ることを知りました。

画像引用元:长安马自达官网

文字入力画面では「手写(訳:手書き)」というモードが存在し、コマンダーコントロールのタッチパッド部分で文字入力をすることができます。

日本でも文字入力を行う際にタッチパッドを使用することができますが、文字を直接入力するわけではなく、文字列にカーソルを合わせる方式になっています。

ここで気になるのは、日本でもせっかくタッチパッドが機能するのであれば「手書き文字入力」も対応することは出来るのではないかということです。

ちなみに、他の海外モデルでもタッチパッドが有効になっているそうです。

あとは文字さえ認識してくれれば、そのまま使用できそうな感じがしますが、実際に文字入力が必要な場面の数を考えると実用的ではないのかもしれません。右ハンドルの場合、左手で書く必要がありますし。

コストやリスク面を考えると導入しない方がマツダにとってはいいかもしれませんねぇ。

ただ、この機能は中国専用というのももったいない気がするので、何かしらのタイミングで有効されれば良いなと思ったりしています。

タイトルとURLをコピーしました