スポンサーリンク

2021 CX-9に搭載された「新世代マツダコネクト」の画面を色々とみてみる

マツダ関連

マツダのフラグシップSUV「CX-9」

2021年モデルでは「新世代マツダコネクト」が搭載されました。今回は、その新世代マツダコネクトの表示画面についてを色々と見てみます。

前回:2021 CX-9の「10.25インチセンターディスプレイ」をよくみてみる(野外編)

前回、海外の販売店が「2021 CX-9」の写真を続々と公開していました。

まだ「第6世代搭載型新世代マツダコネクト」については物足りなかったので、他に何かないか調べてみました。

今回も情報元は「AutoTrader」になります。
こちらで「2021 CX-9」で検索をかけてみると、以下の画像が出てきました。

まずは「360°ビューカメラ」と「ナビSDが未挿入時」です。

画像引用元:New 2021 MAZDA CX-9 Touring for sale in Kirkland, WA 98033: Sport Utility Details – 560381905 – Autotrader

360°ビューカメラは以前にも見たことがありますが、野外ということでこれまた少し新鮮なような気がします。大画面&高画質っていいですねぇ。そこまで必要かな?と疑問に思うことはあるんですが、やっぱり搭載されていたら嬉しいものです。

ナビSDが未挿入時には、他のモデルと同じで「方位画面」が表示されるようになっているようですね。

次に「バックカメラ」と「オーディオ画面」です。

画像引用元:New 2021 MAZDA CX-9 FWD Touring for sale in FRESNO, CA 93710: Sport Utility Details – 561921059 – Autotrader

バックカメラは、他の新世代モデルと同様にフル画面表示ではなく、両横に黒枠が表示されている仕様となっています。ほんとに新世代と変わらない仕様になっていますねぇ。

そして、オーディオ画面(ラジオ)もそのまま。
8.8インチよりも縦幅があるので、とてもダイナミックに表示されているように見えます。それとこれは個人的な感覚なんですが、右上の時刻表示のフォントが太くなっているような気がするんですけど、気のせいかもしれません。

以上です。
今後、この第6世代搭載型新世代マツダコネクトも第7世代搭載型と同じ「バージョン」で更新されていくのかなど、まだまだ気になることが沢山あります。

これは調べ甲斐がありそうです。

タイトルとURLをコピーしました