スポンサーリンク

2021 CX-9の「10.25インチセンターディスプレイ」をよくみてみる(野外編)

マツダ関連

マツダのフラグシップSUV「CX-9」

2021年モデルに採用された「10.25インチセンターディスプレイ」を外で撮影した画像をよく見てみたいと思います。

前回:2021 CX-9の10.25インチセンターディスプレイにおける「地図画面」と「カメラ画面」の実車画像

前回は、第6世代搭載型新世代マツダコネクトの表示画面などについてを確認しました。ディスプレイの大きさがとても迫力があってラージ群に相応しいものとなっています。

そして、今回は2021 CX-9を野外で展示している販売店があったのでよく見てみたいと思います。

情報元:New 2021 MAZDA CX-9 FWD Touring for sale in VACAVILLE, CA 95687: Sport Utility Details – 561666910 – Autotrader

情報元は、Autotrader内の「Mazda of Vacaville」です。
こちらには2021CX-9 Touringを野外展示している車両を撮影した画像が公開されています。

画像引用元:New 2021 MAZDA CX-9 FWD Touring for sale in VACAVILLE, CA 95687: Sport Utility Details – 561666910 – Autotrader

運転席からみても、10.25インチは見やすい。
7インチとかを見てしまうと本当に小さく感じてしまいます。

それと7インチ液晶スピードメーターではないモデルと組み合わせは新鮮です。本当に全車標準で新世代マツダコネクトが採用されているんですねぇ。

次に新世代マツダコネクトの画面です。

画像引用元:New 2021 MAZDA CX-9 FWD Touring for sale in VACAVILLE, CA 95687: Sport Utility Details – 561666910 – Autotrader

MAZDA3/CX-30/MX-30に採用されている新世代マツダコネクトと同じUIになっており、第6世代にも新たな可能性を感じさせてくれます。操作感などはコマンダーコントロールの形が異なるので結構違いそうですし、非タッチスクリーンなので、第6世代からの人にとってはちょっと慣れるのに時間がかかるかもしれません。

それと「バックカメラ」の画質です。
野外での画像なので、画質の良さがよくわかります。これならば、もう不満に思うことはないと思われるので、これは是非とも他のモデルにも採用してほしいですねぇ。

以上です。
続々と2021年モデルの実車が公開されています。
次は「CX-5」なども見てみたくなります。こちらに関しては、日本仕様でも採用の可能性があるので、非常に興味深いですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました