スポンサーリンク

新型「MAZDA3(シンガポール仕様)」には『M Hybrid』バッジが装着されている。

マツダ全般

マツダの新世代商品第1弾「MAZDA3」
今回は、シンガポール仕様のMAZDA3に関するお話です。

最近になってアジア地域では、新型MAZDA3の販売が本格化しました。
中でも、前々から注目してたのはシンガポール仕様です。
シンガポール仕様のMAZDA3には大変珍しい「SKYACTIV-G 1.5 M hybrid」が搭載されているんですよね。
MAZDA3(シンガポール仕様)のSKYACTIV-G 1.5には『M Hybrid』を搭載。 : K-BLOG

そんなシンガポール仕様のMAZDA3には特別なバッジが装着されているそうです。

情報元:2019 Mazda 3 1.5 Elegance Review : Elegant Solution – CarBuyer Singapore

情報元は「CarBuyer」です。
こちらに新型MAZDA3のレビューが掲載されています。
その中にリアに装着されているバッジが映っています。

情報元:2019 Mazda 3 1.5 Elegance Review : Elegant Solution – CarBuyer Singapore

「M-HYBRID」という独自のバッジが確認できます。
さらに青文字で「HYBRID」と印字されていますねぇ。
最近のマツダにしては珍しい。
MX-30のバッジでも電動化部分に関しては青文字ですよね。
MX-30の「e-SKYACTIV」バッジについて

アジア地域(中国やベトナムなど)ではこういったバッジが特徴的ですね。
日本でも発売された時には、こういったバッジが欲しいところです。
そして、1.5LガソリンエンジンとM hybridとの組み合わせが気になります。出だしなどがアシストされて快適な走行が可能になるのでしょうか?
いつか試してみたいです。

タイトルとURLをコピーしました