スポンサーリンク

マツダ中国が2020年9月の販売台数を発表、2万台を超え前月比増

マツダ関連

2020年10月10日、中国マツダが9月の新車販売台数を発表しました。

情報元:新闻中心 | 马自达2020年9月中国市场销量2.1万台-马自达中国

情報元は、中国マツダのニュースリリースです。
こちらに2020年9月におけるマツダブランドの販売実績が公開されています。

2020年9月の販売台数は、20,922台
▼一汽マツダ
6,611台
▼長安マツダ
14,311台

2020年1月~9月の販売台数は、153,329台
▼一汽マツダ
58,807台
▼長安マツダ
94,522台

[主要モデルの2020年販売台数内訳(単位:台)]

モデル名 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 2020年
1月~9月
MAZDA6 3,699 660 2,582 3,095 4,021 14,057
CX-4 3,840 593 2,732 3,976 6,259 6,149 4,813 3,293 3,952 35,607
MAZDA3 10,698 959 5,669 6,844 8,545 6,933 6,329 7,268 8,645 61,890
CX-5 2,648 212 1,927 3,113 3,682 3,585 2,835 3,044 3,269 24,315

中国での9月は前月比20.7%増加し、前年比では1.5%増加、今年度累計では前年比5.2%の減少となっています。

長安マツダは、前年比28.9%増、前月比16.2%増
一汽マツダは、前年比30.5%減、前月比31.9%増

長安マツダから発売された新世代商品「MAZDA3」が中国の売り上げを引っ張っていますねぇ。中国はセダンが人気ということですし、新世代の商品力が中国の方に響いたのかもしれません。ただ、同じセダンのMAZDA6に関しては、まだ販売台数は表記されていませんでした。

それとCX-30の表記もないのがとても気になりますねぇ。CX-8が表記されていないのは販売台数がほとんどないということらしいので、CX-30に関しても同じ理由だとしたら少し心配ですねぇ。

中国は日本と同じでかなり特殊な市場です。
今後、どう売り上げを伸ばしていくのか、期待したいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました