スポンサーリンク

MX-30のSBS(右直事故回避アシスト機能)はソフトウェア改良のみで実現

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

新機能として「右直事故回避アシスト機能」が追加されましたが、それはどうやらソフトウェア改良のみで実現できたようです。

情報元:マツダ「MX-30」、自動ブレーキを交差点対応 ソフト改良で実現 | 日経クロステック(xTECH)

情報元は「日経クロステックxTECH」です。
こちらには、マツダの総合制御システム開発本部の主査にADAS(先進運転支援システム)についてをインタビューしている記事が掲載されていました。

その中で個人的に気になったのが以下の通り

  • SBS(右直事故回避アシスト機能)はソフトウェア改良のみで実現
  • MX-30には単眼カメラのみ
  • 横断歩行者などについてはカメラの「広角化」が必要

MX-30では様々な新機能が搭載されました。
個人的にはハードが一新されているのかと思っていましたが、どうやらソフトウェア改良のみで行われたようですねぇ。

そうなると、MAZDA3やCX-30などの他車種への展開も比較的容易に行えそうですので、それらが今後の改良で追加されるのかが気になりますねぇ。ただ、第6世代と第7世代ではADAS関係の機器が同じかどうかがわからないので、第6世代に関しては適用できるのかというのも気になります。

タイトルとURLをコピーしました