スポンサーリンク

欧州仕様の「2021 CX-5」が販売店に到着

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの主力SUV「CX-5」

欧州でも2021年モデルが販売店に到着したようです。

情報元はFacebookです。
オランダのマツダ車販売店が「2021 CX-5」の写真を掲載しています。

2021年モデル最大の特徴である「10.25インチセンターディスプレイ&マツダコネクト2」が搭載されているのが確認できます。この写真で見ると、ものすごくカメラ画質が改善されているのがよくわかりますねぇ。

他にも19インチブラックホイールやレッドステッチシートなどの写真が掲載されており、欧州仕様でも北米や日本と同様の改良がされたのを再認識できました。赤色ステッチに関しては、2013年頃のマツダを思い出します。この頃は赤ステッチが標準だったのを2015年頃からシックなデザインに変更するために一度は廃止されました。これはある意味で原点回帰なのかもしれませんねぇ。

マツダの一番売れているSUVである「CX-5」なので、今回の改良でさらなる売り上げ増が期待できますので、今後の決算発表が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました