スポンサーリンク

MX-30の諸元表が「2021年1月発行」になったので調べてみる

マツダ全般

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

国内向けモデルのカタログが「2021年1月発行」となっていたので、何がどう変わったのかをsらっと調べてみました。

情報元:MAZDA MX-30|カタログ・スペック表 – 仕様や装備情報|マツダ

情報元は、マツダ公式ページです。
EVモデルがまもなく追加されるということで色々と見て回っていたんですが、いつのまにやらカタログ及び諸元表が更新されていました。

2021年1月発行となっているのでつい最近です。
何が変わったのか、諸元表をサーっと見比べてみました。見比べたのは「2020年9月発行」された諸元表です。

結論としては「コネクティッドサービス」部分に変化がありました。

元画像:MAZDA

「バーグラアラーム通知」が消えています。
以前、マツダの一部モデルで「バーグラアラーム」が一斉に販売中止になるということがありました。
マツダのショップオプション「バーグラアラーム」は現在販売中止

この処置は一時的なもので、短期間で販売が復活されると思っていたんですが、そうはならないようですねぇ。残念ながら、機能自体も消されてしまいました。なぜこうなったのかの詳細な理由はわかりませんが、いつの日か復活してくれると嬉しいですねぇ。

(他にも変更点があるかもしれません)

タイトルとURLをコピーしました