スポンサーリンク

マツダドイツが「2021 CX-5」の詳細を公開、ディーゼル搭載モデルにFWDを追加

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの主力SUV「CX-5」

マツダドイツが2021年モデルの詳細を公開しました。

情報元:Mazda Deutschland: Willkommen

情報元は、マツダドイツの公式ページです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 10.25インチセンターディスプレイ&新世代マツダコネクトを搭載(Exklusive-Line)
  • 最適化されたレスポンスを持つAT/AWDの内部摩擦をさらに低減し、低燃費を実現
  • 燃焼プロセスを最適化し、アクセル開度を20%向上させた2.2リッターバイターボディーゼルエンジン「Skyactiv-D 184(135 kW/184 hp)は、初の前輪駆動(6速MTのNEDC燃費:4.5 hp)も用意
  • 「Skyactiv-D」最新バージョンでは、酸化触媒コンバーターとパティキュレートフィルターに加えて、尿素注入により窒素酸化物の排出量を大幅に削減するSCR(選択的触媒還元)排ガス浄化システムを搭載
  • 4台のカメラを搭載したデジタル360°モニター
  • アラームシステム(室内監視機能付き)を標準装備
  • DAB+デジタルラジオチューナーを標準装備
  • MyMazdaアプリの利便性と接続機能を強化
  • 新型特別仕様車「HOMURA」を発売

画像引用元:Mazda Deutschland: Willkommen

ドイツでも2021年モデルCX-5の詳細が公開されました。他国と同様に「10.25インチセンターディスプレイ&新世代マツダコネクト」が一部グレードで搭載されました。ベースグレードなどには引き続き初代マツダコネクトが採用されるそうです。

また、ディーゼルエンジン搭載モデルも引き続き採用され、SCR追加やFWDモデル搭載などなどしっかりとした改良が施されています。ドイツは欧州でもかなりのクルマ大国なので、ディーゼルエンジン搭載モデルもまだまだ需要があるのでしょうかねぇ。

ボディカラーやインテリア、ホイールデザインは以下の通り。

画像引用元:Mazda Deutschland: Willkommen

日本ではなくなってしまった「エターナルブルー」もまだまだ健在しています。日本ではこうした青色系はあまり人気がないのでしょうか?個人的には結構好きなので、少し残念に思っています。

欧州でも続々と登場する2021年モデル。
2022年には第7世代移行が噂されているモデルなどが多数存在するので、これが現行最後になる可能性もありえます。そうなると少し感慨深いですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました