スポンサーリンク

マツダ、第9回 技術経営・イノベーション大賞 「科学技術と経済の会会長賞」を受賞

マツダ全般
スポンサーリンク

本日、マツダ株式会社が第9回 技術経営・イノベーション大賞 「科学技術と経済の会会長賞」を受賞したと発表しました。

情報元:MAZDA NEWSROOM第9回 技術経営・イノベーション大賞「科学技術と経済の会会長賞」の受賞について|ニュースリリース

情報元は、マツダニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 、モデルベース開発手法による開発革新において、一般社団法人 科学技術と経済の会(略称:JATES)が主催する第9回 技術経営・イノベーション大賞の「科学技術と経済の会会長賞」を受賞
  • 表彰式は2021年2月16日(火)に如水会館(東京都千代田区)およびオンラインにて行われる予定
  • 今回の受賞理由は「他社に先駆けてモデルベース開発手法を構築しただけでなく、日本全体に広めるべく取り組んでいる。開発人数同等で実行可能なプロジェクトは2倍以上になるなど、多くの成功事例を生み出してきており、国が進めるSURIAWASE2.0の実証例として国内外からのベンチマークとなっている」

マツダの「モデルベース開発手法」が評価されたそうです。
マツダはSKYACTIV-Xといい、こういった技術面での受賞というのが本当に多いですねぇ。こうした派手さはないけども、愚直に研究を続けている姿は正に「マツダらしさ」なのかもしれません。そういった一面に一目ぼれしたのを思い出しました。

残念ながら表彰式はオンラインで行われるそうですが、こうしたのを受賞したのは誇らしいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました