スポンサーリンク

中国で登場予定のマツダ中国専売電気自動車が2021年6月から生産予定、サイズはCX-30よりも大きめ

マツダ全般
スポンサーリンク

中国で計画されているマツダの「中国専売電気自動車」

2021年6月に生産を開始するようです。

情報元:马自达CX-30纯电版将投产 国内特供车-续航400公里_新车-网上车市

情報元は「网上车市」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 内部コードネームがJ59Eなので、J59Y(CX-30)の兄弟車になる予定
  • 2021年6月に生産予定、第3四半期に発売
  • 新型EVのスペック「4409mm(全長)×1835mm(全幅)×1667mm(高さ)、ホイールベースは2672mm」

画像引用元:马自达CX-30纯电版将投产 国内特供车-续航400公里_新车-网上车市

航続距離は400kmとなっています。
これはマツダがロータリーレンジエクステンダーEVで目指している航続距離と同じなのが少し気になりますねぇ。また、サイズはCX-30よりも大きめとなっており、完全にCX-30そのままということではなさそうです。中国ではMX-30は投入しないとマツダは公言していたので、どういったデザインになるのか気になりますねぇ。

一応サイズ比較してみました。

CX-30 MX-30 中国専売EV
全長 4395mm 4395mm 4409mm
全幅 1795mm 1795mm 1835mm
全高 1540mm 1550mm 1667mm
ホイールベース 2655mm 2655mm 2672mm

微妙に異なっています。

中国では寸法に関しては、若干日本などと表記方法が異なっており、実際は同じサイズでも微妙な誤差が生じることが起こり得ます。なので、上記のサイズ差がその誤差に該当するのかどうかはわかりません。

ただ、全幅が結構違うので誤差というわけでもなさそうです。

タイトルとURLをコピーしました