スポンサーリンク

2020年商品改良MAZDA3の「ディーゼルエンジン」も有償で既存車向けアップデートを予定

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第1弾「MAZDA3」

2020年商品改良で登場した「改良型SKYACTIV-D」も有償にてアップデートを予定しているそうです。

情報元:改良版「マツダ3」スカイアクティブX僅か1年で質が大進化! エンジンフィール向上は誰でも分かるレベルに(くるまのニュース) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 – carview!

情報元は「carsview!」です。
こちらには、2020年商品改良MAZDA3のレビューなどが書かれていますが、終盤にはエンジンのソフトウェアアップデートについてが書かれていました。

ちなみに、ECUのバージョンアップだけれど、スカイアクティブXは黎明期の技術のため前期型を買ったユーザーを対象に無償で対応してくれる予定だという。これは「素晴らしい!」。ディーゼルも、有償になる予定ながらバージョンアップ出来るよう調整中とのこと。どちらも、ディーラーからの帰り道は「凄く良くなったね!」と感じるハズ。

引用元:改良版「マツダ3」スカイアクティブX僅か1年で質が大進化! エンジンフィール向上は誰でも分かるレベルに(くるまのニュース) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 – carview!

どうやらSKYACTIV-Xに続き、ディーゼルエンジンでもソフトウェアアップデートが実施されることがメディア向けに発表されているようです。ただ、ディーゼルエンジンに関しては「有償」となるそうなので注意が必要です。どうしてもソフトウェアアップデートしたい方にとっては嬉しい話ですね。

以前からソフトウェアアップデートをするしないという情報が錯綜していましたが、最近では「する」という話が多く出てきたので、なんだかんだで実現したみたいですねぇ。ここらへんはマツダの正式発表が出ないことには断言できません。

マツダのソフトウェアアップデートが本格化すれば、これはかなりの商品力向上が見込まれますので、今後がますます楽しみになってきますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました