スポンサーリンク

マツダベルギー、2021年1月の販売台数が前年同月比で6%増加、CX-5は月間販売台数トップに

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダベルギーが2021年1月の売上について発表しました。

前年同月比で6%増加しました。

情報元:6% meer verkoop ten opzichte van januari 2020

情報元は、マツダベルギーのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • ベルギーでは、2021年1月の販売台数が2020年1月の販売台数を6%上回る
  • 1月は、合計で1,333件の注文があった
  • 3台のSUV(CX-3、CX-30、CX-5)の活躍が目立つ
  • 商品改良されたCX-5が360台(前年比10%増)を販売し、先月の月間販売台数のトップとなった
  • バーチャルショールームは好評、合計で約1,000回のチャットセッションが行われた

2021年、ベルギーは好調の発進をしたようです。
今年はモーターショーなどの大規模イベントなどはありませんが、その代わりバーチャルショールームなどを開催した結果、SUVシリーズが販売台数の増加を手助けしているようですねぇ。

特に、商品改良されたCX-5(新世代マツダコネクトなどを搭載)が2021年1月の販売台数トップということで、新世代マツダコネクト効果はかなり効いているのかもしれません。

これは他の国でもどうなっているのか気になりますねぇ。
まだまだCX-5はマツダの主力車種のようです。

タイトルとURLをコピーしました