スポンサーリンク

マツダノルウェーが「2021 CX-5」を発表、MTモデルを廃止してATモデルのみに

マツダ全般

マツダの主力SUV「CX-5」

ノルウェーでも2021年モデルが登場しました。

情報元:Produktoppdatering: 2021 Mazda CX-5 | Mazda Motor Norge

情報元は、マツダノルウェーのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 10.25インチセンターディスプレイ&新世代マツダコネクトを搭載
  • コネクティッドサービス「MyMazda」に対応
  • 新モデル「Ignite Edition」を追加
  • MTモデルを廃止
  • ディーゼルエンジン(SKYACTIV-D 2.2)は、RDE2要件を満たすように改良
  • ディーゼルエンジン搭載モデルは4月に発売予定
  • ガソリンエンジン搭載モデルは既に発売済

ノルウェーでも2021年モデルのCX-5が登場しました。
他の欧州各国と同じような改良内容となっていますが、ノルウェーでは「ディーゼルエンジン搭載モデル」が存続しているようです。

イギリスやスウェーデンと同じように「RDE2規制」に対応するようにSCRシステムを搭載しているようですので、価格がどうなっていくのかが気になりますねぇ。4月の販売前に価格などが発表されそうなので楽しみ。

また、ノルウェーでは「MT」が廃止されるそうです。
近年ではCX-5のMTモデルはほとんど選ばれることなく、ATモデルが主流になって生きているようですので、時代の流れを感じます。

タイトルとURLをコピーしました