スポンサーリンク

既存車向けSKYACTIV-Xアップデートは「準備が出来次第オーナーに案内が届く」

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代エンジン「SKYACTIV-X」

2020年商品改良で更なる進化を遂げましたが、既存車向けにもアップデートが予定されています。その通知に関してです。

情報元:エンジンだけじゃなかった!目に見えぬ部分こそ改良型「マツダ3」の見どころです | &GP

情報元は「&GP」です。
こちらでは、2020年商品改良MAZDA3の改良内容についてが書かれているんですが、その中に既にMAZDA3(SKYACTIV-X搭載モデル)所有しているオーナーに対してのアップデートの通知についてが書かれていました。

そのためマツダは、従来型スカイアクティブX搭載車のバージョンアップにも対応すべく準備を進めている。希望するユーザーには、すでに手元にある従来モデルのエンジンとATの制御を無償でバージョンアップし、最新スペックにしてくれるという。これは業界にとっても新たなトライといえるだろう(準備ができ次第、ユーザーには案内が届くという)。

情報元:エンジンだけじゃなかった!目に見えぬ部分こそ改良型「マツダ3」の見どころです | &GP

どうやら、マツダ側の準備が整い次第、オーナーには案内が届く仕組みとなっているようです。これならば、アップ―デートの情報をわざわざ調べずとも、既に所有しているオーナーは「アップデートが出来る」ということがわかるのが良いですねぇ。

ソフトウェアアップデートのみですが、それでも販売店で入庫しての作業となるので、それなりに時間がかかることは間違いないので、焦らずに案内を待った方がいいのかもしれません。

また、情報元の記事にはMAZDA3の「エアシャッターの制御変更」などについても書かれています。こういった細かい部分も改良されているのはマツダらしいですねぇ。ただ、こういった情報はメディアを通さないと知ることが出来ないことが多いので、あまり知らない人も多い印象です。なので、改良内容をマツダ自身で発表してくれるとより広く知ることが出来ると思うんですが、色々な利害関係上ダメなのかもしれませんねぇ。

兎にも角にも、既存車向けSKYACTIV-Xアップデートが楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました