スポンサーリンク

オーストラリアで「2021 CX-5」が正式発表、ディーゼルは140kWのまま

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの主力SUV「CX-5」

オーストラリアでも2021年モデルが登場しました。

情報元:Mazda CX-5 GT SP revealed – motoring.com.au

情報元は「motoring.com.au」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 新グレード「GT SP」を追加
  • 10.25インチセンターディスプレイ&新世代マツダコネクトを搭載
  • ディーゼルエンジンは140kWのまま

オーストラリアでも2021年モデルが登場しました。
MAZDA6やCX-9などと同様に新グレードである「GT SP」が追加され、海外で展開されている「Carbon Edition」と同等の装備構成となっています。

画像引用元:New Mazda CX-5 SUV – A Cut Above | Mazda Australia

また新世代マツダコネクトや10.25インチセンターディスプレイなども追加されており、CX-5の商品力がますます向上しています。

ただ、オーストラリア仕様のディーゼルエンジンは、日本で登場した2020年冬商品改良モデルのディーゼルエンジン(147kW)ではなく、従来の140kWのままだそうです。この意図は何かあるんでしょうかねぇ。

MAZDA3などのSKYACTIV-XやSKYACTIV-Dでもソフトウェアアップデートなどがありますが、CX-5などでも展開されたら面白そうですが、物理的変更などもあるようですし、現実的には難しいそうですね。

世界中でCX-5の商品改良が進んでいきますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました