スポンサーリンク

国内向け「MX-30 EV MODEL」の受注がマツダの想定を超す好調

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

国内向けにもEVモデルが登場しましたが、どうやら受注が好調のようです。

情報元:初のEV「受注想定超す」 マツダMX―30、高い残価設定奏功 | 地方経済 | 中国新聞デジタル

情報元は「中國新聞デジタル」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • MX-30 EV MODELの受注が「想定を超えている」
  • 高い残価設定が功を奏している
  • 電動化とともに新型ディーゼルエンジンの開発に注力する

マツダの量産初となる電気自動車が好発進をしているようです。
詳しい販売台数などはわかりませんが、マツダの想定を超える受注ということでこれはとても嬉しいニュースですねぇ。

1月のマツダ車(SUV)の販売台数はこちら
マツダの国内向けSUVの販売台数を調べてみる(2020年9月~2021年1月編)

1月の833台にEVモデルが含まれているのかはわかりません。

ただ、この調子で電気自動車が成功すれば、マツダの今後は少し明るくなってきたと思うので、このまま販売計画台数に達すると良いですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました