スポンサーリンク

オランダでもCX-5(2021年モデル)に「ディーゼルエンジン」が利用可能に

マツダ全般

マツダの主力SUV「CX-5」

オランダでも2021年モデルのCX-5でディーゼルエンジンを利用可能になったそうです。

情報元:SPORTIVE ALS ACTIEMODEL OP CX-3 EN CX-30

情報元は、マツダオランダのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 『CX-3』『CX-30』にもアクションモデル『Sportive』を設定
  • CX-30の「Sportive」は、e-SKYACTIV X 186のみ
  • 2021年モデルの「マツダ CX-5」にもディーゼルエンジンを設定する予定
  • ディーゼルエンジンは「SKYACTIV-D 2.2」は135kW/184馬力
  • マツダCX-5ディーゼルは45,190ユーロ(税込)

どうやらオランダでも2021年モデルのCX-5でディーゼルエンジンが利用可能になったそうです。あとからこうして発表されるのは珍しいですねぇ。イギリスなどでの4月頃に遅れて発売されると予告していたので、それらと同じ時期に投入される可能性が高そうです。

欧州ではディーゼルエンジンの縮小がマツダでも進んでいましたが、なんだかんだでCX-5に関してはディーゼルエンジンも販売していくようですので少し安心ですねぇ。

また、CX-30にも特別仕様車「Sportive」が設定されるようになり、さらなる人気を獲得しそうな予感がします。

タイトルとURLをコピーしました