スポンサーリンク

長安マツダは将来的に中国で車両のデザイン開発を行うそうです

マツダ全般

マツダの重要な市場のひとつ「中国」

2025年頃から長安マツダは中国のR&Dセンターで中国向け車両を開発するそうです。

情報元:新京报 – 好新闻,无止境

情報元は「新京报」です。
2019年の記事でかなり古い内容ですが、個人的に気になる内容が掲載されていました。

内容は以下の通り

  • 長安マツダの副社長曰く、海外研究センターを建設する
  • このR&Dセンターでは、中国市場向けの車両における外装な内装のデザインを独自に開発する予定
  • 時期は2025年頃
  • 車両自体はマツダ本体に依存する

どうやら長安マツダが中国にR&Dセンターを建設し、そこでマツダの中国向け車両の外内装の開発を行うことを計画しているようです。現在では、デザインなどもマツダ本体が行っているようですので、今後は中国のことは中国で解決しようとしているみたいですねぇ。

中国はかなり特殊な市場です。
世界的にはSUVですが、現在でもセダン人気ということでグローバル戦力の中でもマツダにとってはかなり苦戦しそうな市場でありますので、このR&Dセンターが出来ることによってより中国の方々に人気が出る車両を開発されることが期待できそうです。

中国専売といえば「CX-4」です。
そうなると、CX-4もフルモデルチェンジは2025年頃なんでしょうか?

それと「一汽マツダ」はどうなるんでしょうか?
長安マツダがこれほど本格的にマツダと手を組んでいるとなると、今後の一汽マツダの動向がかなり気になりますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました