スポンサーリンク

2020年商品改良「CX-30」ではサスペンション特性を変更していない

マツダ全般

マツダの新世代商品第2弾「CX-30」

2020年に商品改良が施されましたが、MAZDA3のようなサスペンション特性の変更は行われていないそうです。

情報元:進化した夢のエンジンの実力は?人気の小型SUV マツダ「CX-30」改良版の進化と真価 | &GP

情報元は「&GP」です。
こちらの2020年商品改良CX-30に関する記事が掲載されており、その2ページ目に個人的に気になる内容が掲載されていました。

サスペンション特性を変更したマツダ3の商品改良とは異なり、CX-30はサスペンションには手をつけていないという。

引用元:進化した夢のエンジンの実力は?人気の小型SUV マツダ「CX-30」改良版の進化と真価 | &GP – Part 2

どうやらMAZDA3のようなサスペンションに関する変更は行われていないそうです。これは意外でしたねぇ。私自身はまだ、2020年商品改良MAZDA3およびCX-30に乗ったことがないので、その感覚などは全く分からない状況ですが、いろんなレビューを観たりしていると乗り心地に差があるような内容があったりしていました。情報元でも「気のせい」と表現しつつもフラット感が増したと感じたようです。これは面白い。

MAZDA3と同じ改良内容かと思ったんですけど、しっかりとマツダはCX-30独自に乗り味を調整しているんですねぇ。勉強になります。

タイトルとURLをコピーしました