スポンサーリンク

ロータリーレンジエクステンダーEVが「MAZDA3」や「CX-30」にも搭載される可能性

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品「MAZDA3 & CX-30」

MX-30に搭載される予定の「ロータリーレンジエクステンダーEV」が搭載される可能性についてです。

情報元:Why Mazda CX-30 and Mazda 3 might become electric cars sooner than you think – Car News | CarsGuide

情報元は「CarsGuide」です。
こちらには、先日オーストラリアで「MX-30」のお披露目会が開催され、そこで開発主査の竹内氏がインタビューを受けていました。そのインタビューの内容でとても興味深い内容が掲載されていました。

内容をざっくりまとめると以下の通り

  • MAZDA3とCX-30は案外早く電気自動車になるのかもしれない
  • 竹内氏曰く「MX-30のマイルドハイブリッドモデルとEVモデルのプラットフォームは全く異なる」
  • CX-30をそのままEVにすることは非常に難しい
  • マイルドハイブリッドモデルでは左右に数本のビームが存在するが、EVモデルではビームをすべて廃止した
  • MX-30(EV)に搭載されるロータリー式レンジエクステンダーについて竹内氏は「マツダはこの技術を他のモデルにも展開したいと考えている」と述べているので、Mazda3とCX-30もその流れを汲むことになるはず

情報元の記事では、MAZDA3とCX-30がEV車になる時期は意外と近いのではないかと予想しています。既に欧州などでは、MAZDA3やCX-30にはマイルドハイブリッドモデルが投入されていますが、ロータリーエンジンレンジエクステンダーEVが投入されればすぐに電気自動車になりますし、新世代プラットフォームということである意味一番近い存在なのかもしれません。

ただ、単純にEVするというのは難しいと思います。
今後、MAZDA2なども新世代へ移行するはずなので、そちらのほうが早い可能性もありますので、まだまだ分かりませんねぇ。

タイトルとURLをコピーしました