スポンサーリンク

ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」と「AirPod Pro」の比較してみる

デジタル
スポンサーリンク

最近購入したソニー製ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」

以前、所有していた「AirPods Pro」と使用感などと個人的に比較してみたいと思います。

前回:イヤーピース「final FI-EPECLA4 Eタイプ」を購入しました

前回、WF-1000XM3のイヤーピース問題が解決しました。
これで外を歩きながらの使用が可能になって、様々な場面で使うことができるようになりました。なので、今回は以前所有していた「AirPods Pro」の使用感を思い出しながら、色々と比較してみたいと思います。

イヤホン本体の装着感

「WF-1000XM3」<「AirPod Pro」

Air Pod Proと比較すると重く、そして本体自体の大きさを感じるので、つけ始めは落ちないか心配してしまいました。WF-1000XM3を使用して、初めて「AirPods Pro」のコンパクトさと軽さのありがたみを知ることが出来ました。長時間の使用を考えると「AirPods Pro」の方が有利かもしれません。

「WF-1000XM3」は、装着する際にちょっと癖のある装着方法をしないとしっかり耳に装備することができず、ノイズキャンセリングや音質などにも影響してくるので、購入したての頃は「え?音もノイズキャンセリングも悪いのでは?」と思ってしまいました。ここら辺が少し面倒くさいですね。

音質

「WF-1000XM3」≧「AirPod Pro」

そこまでの差はなく、個人的趣向によって評価が異なると思います。ただ、個人的には「WF-1000XM3」のほうが自然の音が表現されているように感じました。AirPodsはソフトウェア更新のたびに音質が変わったりしているので、現時点でどのような音質になっているのかはわかりません。

ノイズキャンセリング

「WF-1000XM3」>「AirPod Pro」

これは「WF-1000XM3」の方が凄いと思います。
しっかりと装着していれば、エアコンの室外機などの邪魔なノイズをほとんど除去してくれています。私がノイズキャンセリングの凄さを始めて知った頃の「AirPods Pro(初期ファームウェア)」と同等の威力を発揮してくれています。ですので、外で使用する際はクルマなどが後ろからくることに気づかずに驚くことがあるくらいで注意が必要です。

ただし、風切り音が非常に気になります。
これはちょっと何とかしたいところです。

電池持ち

「WF-1000XM3」>「AirPod Pro」

元々のスペックで「WF-1000XM3」の方が優秀なので、その表記そのままの結果だと思います。ノイズキャンセリングイヤホンでここまでの安心感があれば、必要十分だと思いました。あとは、どれだけ電池の劣化が進んでいくのか気になるところです。

AirPods Proの電池劣化は、なかなか早かった気がします。
私が手放す直前で既に電池の劣化は進んでおり、持ち歩く際には電池残量に気を配りながらだったので、それに比べるととっても安心。

総評

正直、どちらを買っても後悔はしないと思います。
それぞれの利点を考えて購入するなら、以下の通り。

機能やスペック、価格で選ぶなら「WF-1000XM」
装着感や長時間使用で選ぶなら「Air Pods Pro」

今はいろんなメーカーからノイズキャンセリングイヤホンが登場しており、これら以外の機種も沢山ありますので、上記2つだけから選ぶというのはあまりないかもしれません。WF-1000X3に関しては2019年発売ということもあり、ちょっと型落ち感が否めないので、コスパ優先の方にはお勧めできるかと思われます。また、Android勢の方などは「AirPods Pro」の選択肢はありませんもんね。

以上です。
極めて個人的主観で比較してみました。
こういった商品は実際に使用してみない限りなかなかわかりませんので、家電量販店などで実際に試してみた方がよさそうですね。その際は、装着したまま少し歩いてみたり、ちゃんと装着できているかなどを店員さんと確認をした方が良いです。

タイトルとURLをコピーしました