スポンサーリンク

イヤーピース「final FI-EPECLA4 Eタイプ」を購入しました

デジタル
スポンサーリンク

ノイズキャンセリングイヤホンの最初の難関「イヤーピース」

自分にジャストフィットするイヤーピースを探す旅が始まりました。

前回:ソニーのワイヤレスイヤホン WF-1000XM3を購入して最初の難関「イヤーピースが合わない問題」

前回、WF-1000XM3に付属しているイヤーピースが自分の耳の穴には合わないということを経験しました。純正のイヤーピースが合わないというのは初めてだったので少し焦りました。なので、サードパーティ製の「イヤーピース」を購入してみることにしました。

今回、購入したのは「final ファイナル FI-EPECLA4 [イヤピース Eタイプ CLEAR ALLサイズ 各2個]」です。

ネット上などのレビューで「WF-1000XM3」に使用している方が多く、さらにALLサイズ同梱されているということで、初心者の私にとってはうってつけの商品でした。

付属されているサイズは「SS」「S」「M」「L」「LL」の5種類で、各2個ずつあるのが素晴らしいですねぇ。とりあえず「LL」サイズを試してみようと思い、純正品(L)と比較してみました。

左:ファイナル製(LL)
右:ソニー純正(L)

ぱっと見は同じ大きさかと思いましたが、こうして写真を撮ってみるとかなり大きさが異なっているのがよくわかります。ファイナル製は横幅がかなり広く、純正品(L)は高さがファイナル製よりも高くなっていました。

さっそくイヤホンに取り付けて試してみると左耳はなんとか入るんですが、右耳は入りませんでした。意外や意外、LLサイズは私でも大きみたいです。なので、ファイナル製Lサイズを試してみるとググっと入りました。付け心地は多少圧迫感があるものの、しっかりと押さえつけられているので歩いていても落ちません。

音質に関しては、確かに変わった気がします。
低音がしっかりと聞こえるようになった気がするんですが、音質が「良くなった」かと言われると、正直よくわかりません。私は「バランス型」な音質が好みなので、低音大好きな方にとっては良いイヤーパッドなのかもしれませんねぇ。

ノイズキャンセリングについては、耳が密閉されることでノイズキャンセリングが非常に強力になりました。今までとは比べ物にならない静けさを体験することが出来ます。ここまで違うのには驚きです。

とりあえずコレでなんとか外でも使用できそうです。
今後は、長期間使用してみて体に異変が起きないかを調査していこうと思います。こういった密閉型イヤホンは、長時間の使用は耳の中に悪い影響を与えますからねぇ。

今回、私はとりあえず合うサイズが見つかりましたが、これでも合わないという人もいると思いますので、このイヤーピース問題は非常に厄介そうです。それに音質も変わるので、自分のお気に入りな音質を求めて沼にハマっていく可能性も秘めているのが怖いところです。

AirPods Proと同じ道を歩まないように慎重にやっていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました