スポンサーリンク

Appleの「AirTag」を購入しました

デジタル
スポンサーリンク

本日発売開始された「AirTag」

早速購入してみました。

かなり前から噂があった、Apple純正の忘れ物タグが遂に登場しました。こういうのがあったら便利だなぁと思っていたので、発表された時は嬉しかったですねぇ。

かくいう私も予約開始日にすぐ予約していました。
今回もヨドバシカメラさんで予約したんですけども、発売日に届けてくれるように手配してくれていて非常に優秀でした。さすがヨドバシカメラ。

さて、本題です。
AirTagは、お値段「3,800円(税込み)」で、とてもコンパクトな商品でした。

購入したAirTagがこちら。

Appleらしい梱包がされていました。
Appleシールも付属されているのかと思っていましたが、こちらの商品には付属されていませんでした。

大きさと重量も測定してみます。

直径約3cm、重量11g
非常に小さく軽いです。
忘れ物タグなのでこのぐらいのサイズ感が良いですよね。これならばお財布に入れても全く気にならなくなりそうでした。ただ、写真を見てもらうと分かるんですが、表面の金属部分は鏡面仕上げとなっているので、非常に傷が目立つしようとなっていました。なので、硬いものと一緒に入れておくと滅茶苦茶傷つく可能性が高そうです。傷つくのが怖いという方は「保護シート」などを購入した方がいいと思われます。

個人的には、こういった商品は傷ついてなんぼだと思っているので気にしていません。

iPhoneとの連携はとっても簡単でした。
AirTagとiPhone(BluetoothをONの状態)を近づけると以下の通知が出てきます。

あとは案内に従ってタップしていくだけです。
Air Pods Proでもそうでしたが、Apple製品ってこういったのが非常に造りこまれているんですよねぇ。非常に簡単でハイテク感があります。

設定が完了すると「探す」アプリでAirTagを表示させることが出来るようになります。

マップで表示したり、サウンドを鳴らしたりと様々な方法で位置を特定することができるのがとても便利です。これならば、部屋の中のどこかに見えにくい場所にあっても探し出すこと化できそうです。

ちょっと不思議に思ったのは「AirTagにスピーカーが見当たらない」ことです。どこから音を鳴らしているのか、よくわからないんですよねぇ。こんな小さな本体でよくこんなにも色々な機能を詰め込めたものです。

電池は、ボタン電池「CR2032」を1個使用します。
電池がどれくらい持つのかなども気になるところですねぇ。

以上です。
まだ本格的に使用する機会がありませんので、今後、色々と利用してみて感想を書き記していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました