スポンサーリンク

「iPhone 12(5.4インチ)」に惹かれ始める今日この頃

デジタル

2020年秋に発表されると噂される「iphone 12」

どうやらすべての「iphone 12」に有機ELディスプレイが搭載されるそうです。

情報元:Apple opts for OLED screens for entire 5G iPhone range – Nikkei Asian Review

情報元は「Nikkei Asian Review」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 今年登場する全てのiPhoneは「OLEDスクリーン」を採用
  • iPhone 12には「5.4インチ」「6.1インチ」「6.7インチ」と3つの異なるサイズが採用される
  • Face IDはディスプレイに統合されておらず、フルスクリーンOLEDではない(フレンジ部分がある)
  • またiPhone 12は、充電器やイヤホンが付属しない

最近、色々と噂が飛び交っているiPhone 12ですが、ここにきて新たな情報が出てきたみたいですねぇ。個人的にiPhone 12のデザインが以前あった「角ばったデザイン」ということで気になっていました。

どんなデザインかはこちら。

これは本物ではないそうです。
ただ、ケースメーカーなどからの寸法情報などを参考に作られたモックということで、デザインはどうあれ、寸法的には現実味がありそうです。

わたしはこの角ばったデザインがとても好みで、これだったら買い換えてもいいかなと思っていたんですが、ベースモデルは有機ELじゃなさそうだなぁと思っていたので、嬉しい誤算です。

また、iPhone12では「5.4インチ」という素晴らしいサイズが登場するとも言われています。正直、現在利用しているiPhoneXでは大きすぎると感じていました。

サイズ感を現行モデルと比較するとこんな感じ

画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

iPhone8 Plusよりも0.1インチ小さくなります。
これは大変すばらしいですねぇ。

実際の縦横の寸法はわかりませんが、ホームボタンがなくなりフレームレスになれば本体の大きさをさらに小さくできるので、最高のモバイル端末となり得ます。

お値段は7万円前後と噂されていますが、これは非常に欲しくなってきました。発表が待ち遠しいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました