スポンサーリンク

マツダUSAが「2021 MAZDA3 2.5 TURBO」紹介ページを公開、「SKYACTIV-G 2.5T(250 HP/320 lb-ft)」を搭載し2020年後半に登場予定

マツダ関連

マツダの新世代商品第1弾「MAZDA3」

メキシコに続き、ついにアメリカでも「SKYACTIV-G」にターボ搭載モデルが登場しました。

情報元:2021 Mazda3 Turbo | Mazda USA

情報元は、マツダUSAの公式ページです。
こちらでは「2021 MAZDA3 2.5 TURBO」のティザーページが開設されており、簡単なスペックと試作モデルの画像が公開されています。

画像引用元:2021 Mazda3 Turbo | Mazda USA

2021年後半に登場する予定となっており、ハッチバックモデルとセダンモデルの両方が用意されています。

搭載エンジンは「SKYACTIV-G 2.5T(250 HP/320 lb-ft※)」でAWD仕様のみとなっています。

※93オクタン価燃料で250馬力(320 lb-ft)。87オクタン燃料で227馬力(310 lb-ft)

■外観

  • ブラックリアリップスポイラー(セダンで利用可能)
  • ブラックリアルーフスポイラー(ハッチバックで利用可能)
  • 18インチブラックアロイホイール
  • ブラックパワーサイドミラー
  • 黒のフロントエアダム(ハッチバックで利用可能)

■利用可能なテクノロジー

  • 渋滞アシスト(TJA)
  • 360 °ビューモニター

試作モデルの写真も掲載されています。

画像引用元:2021 Mazda3 Turbo | Mazda USA

試作モデルの画像でもわかる通り、日本でいう「SIGNATURE STYLE」が装備されていますねぇ。ターボモデルに相応しいデザインですので、これは標準で装備してくれると嬉しいところです。また、セダンでは「ブラックリアリップスポイラー」が装備されるとも書かれており、よりスポーティ感が表現されているのも注目したいところです。

ついにアメリカで発表されました。
これが北米だけなのか、それとも他国でも採用されるのか。
気になりますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました