スポンサーリンク

マツダタイが2020年度の販売実績を公表、MAZDA2が圧倒的人気

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダタイが2020年度の販売実績を発表しました。

タイでは相変わらずの「MAZDA2」人気のようです。

情報元:News & Activities | บริษัท มาสด้า เซลส์ (ประเทศไทย) จำกัด

情報元は、マツダタイのニュースリリースです。
こちらには2020年度と2019年度の各モデル販売実績を比較している表が公開されていました。

画像引用元:News & Activities | บริษัท มาสด้า เซลส์ (ประเทศไทย) จำกัด

青色部分が「2020年度」、緑色部分が「2019年度」、灰色部分が比率となっています。2020年度は2019年度比較すると全体で-23%という結果になっており、かなりの苦戦が強いられた年でした。しかし、そんな中で希望として登場したのが「CX-30」ですね。一番大きなプラスの数値を叩き出しているので、これからのタイ市場を支えてくれるモデルとなりそうです。

そして、タイでの一番人気は「MAZDA2」でした。
数値を見てみると、他のモデルと圧倒的な差をつけています。これだけの人気に差が出ているのは本当にタイ市場は特殊ですねぇ。タイではコンパクトカーが人気ということで、CX-3も健闘しているので、今後のコンパクトカーのメイン市場は「タイ」となってきそうです。

逆に「MAZDA3」や「CX-5」の落ち込みが気になります。
世界規模では「CX-5」が人気を博していますが、タイではそうでもないようです。そう考えると、世界戦略で単一なモデルだけを出すというのも、なかなか難しいのが現実なのかもしれませんね。

こうした数値をみていくと色々と学ぶことが出来ますねぇ。

 

タイトルとURLをコピーしました