スポンサーリンク

マツダのラージ商品群には「パノラマサンルーフ」が採用されるかもしれない?

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの大本命「ラージアーキテクチャ」

2022年に登場を控えていますが、もしかすると「パノラマサンルーフ」が採用されるかもしれません。

情報元:大型サンルーフ増産へ工場新設 ベバストジャパン、22年春稼働へ | 地方経済 | 中国新聞デジタル

情報元は「中國新聞デジタル」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 自動車用サンルーフを製造しているべバストジャパンが大型サンルーフの需要が伸びている
  • その需要を見据えて、2022年春に稼働を目指して新工場を新設する
  • 従業員も増やす予定

東広島市にあるべバストジャパンが、将来増えるであろう「大型サンルーフ(パノラマサンルーフ)」の需要に応えるべく、2022年春に新工場を新設するそうです。この会社を調べてみるとマツダにもサンルーフを供給しているみたいですねぇ。

2022年春という時期も丁度ですよね。
マツダも2022年にラージアーキテクチャを投入する予定ですので、もしかするとマツダ車にも「大型サンルーフ」が供給されるのかもしれません。

そういえば、以前こんな話もありました。
”2022年1月”からマツダの「スタビライザー」を中央発條が納入予定

色々な会社が色々と動き出しています。
これはワクワクせずにいられません。

タイトルとURLをコピーしました