スポンサーリンク

”2022年1月”からマツダの「スタビライザー」を中央発條が納入予定

マツダ全般

自動車用ばねなどを製造する中央発條株式会社が、2022年1月からマツダ用に「スタビライザー」を納入することになったそうです。

情報元:中央発条、マツダと取引本格化 18年ぶり足回り部品供給 「藤岡」「長崎」にライン新設|中部経済新聞 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

情報元は「中部経済新聞」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 自動車用ばねなどを製造する中央発條株式会社が、2022年1月からマツダ用に「スタビライザー」を納入
  • かつてマツダとの取引はあったが、本格的な取引は18年ぶり

トヨタ系である中央発條さんがマツダに部品を提供するそうです。最近、本当にトヨタとの関係性が深まっていくのを実感できますねぇ。新世代マツダコネクトなどもそうですので、マツダにとっては非常に頼もしい方と仲間になることが出来たのは大きいですね。

また、気になるのは「2022年1月から納入」ということです。これは「ラージアーキテクチャ」に関する部品なのではないでしょうか?そうなってくると、これは面白いですねぇ。もしかすると、北米専用SUV「CXーX」の部品という可能性もありますが、どちらにせよ2022年1月に何らかの新しい何かが生産されると思うとワクワクしてきます。

タイトルとURLをコピーしました