スポンサーリンク

給電機能を有した「MX-30 EV」の補助金交付額について

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

2021年7月生産分から給電機能が追加されており、補助金に若干の違いがあるようです。

情報元:一般社団法人次世代自動車振興センター

情報元は「一般社団法人次世代自動車復興センター」です。
こちらには、2021年9月3日現在の車種ごとの補助金交付額が掲載されていました。

画像引用元:一般社団法人次世代自動車振興センター

上記の資料によるとMX-30 EVの車体番号が二つに分かれており、それぞれで補助金交付額が異なっていました。

車体番号:1000176以降   253千円
車体番号:1000175まで   233千円

約2万円ほどの差があるようです。
補助金関係はよくわかっていませんが、給電機能を有していると少しだけ優遇されるみたいですねぇ。7月以降の生産分ということで、今から購入を考えている方は特に何もせずとも「給電機能有り」の補助金になるみたいです。

EVへの流れが加速していっています。
まだまだ課題が多いですけど、この流れを変えることは出来そうにないので試行錯誤でシフトしていくのかもしれませんねぇ。

タイトルとURLをコピーしました