スポンサーリンク

「2022 CX-5」の外装色を内装に採用された「ライトグリーン」にしてみる

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの主力SUV「CX-5」

海外でデザイン変更された2022年次モデルが登場しました。
内装カラーに「ライトグリーン」が採用されたので、外装色にしてみました。

前回:欧州仕様の「2022 CX-5」が正式発表、新色「ジルコンサンド」や内装色「ライトグリーン」を追加

前回、欧州で2022年モデルの新しい特別モデル「NEWGRAND」が発表されました。新外装色「ジルコンサンドメタリック」に採用され、さらには内装では「ライトグリーン」のアクセントが追加されました。

せっかくなので、内装に採用されている「ライトグリーン」を外装色にしたらどうなるかを妄想してみます。

編集前元画像:MAZDA

実際に採用されいている色よりも若干色味を落としています。ただ単純に「ライトグリーン」にしただけですのでちょっと物足りなさがあります。ただ、今回のデザインは明るいカラーでも十分お洒落なような気がしますねぇ。

マツダはこうした明るい色合いは主に内装色として採用しています。日本では「2021年商品改良MAZDA2 Sunlit Citrus」が該当しますねぇ。こちらには「シトラス」が採用されており、今回の「ライトグリーン」とはまた違った色合いとなっています。

最近のマツダは徐々にですが「明るい色」を採用し始めました。いつの日か内装だけでなく、外装にも採用されると面白くなりそうですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました